そうだ、バイクに乗ろう。

おやじリターンライダーの備忘録。YAMAHA MT-25とツーリング記録とあれこれ。

マフラー交換【前編】

f:id:ZAQU:20170611060229j:plain

マフラーを買いました。

言わずと知れたアクラポヴィッチです。

MT-25のマフラーは納車時から純正マフラーからBEAMSのR-EVOスリップオンマフラーに交換していましたが、もう少し迫力を出したくて交換することにしました。

所詮250cc・・・所詮スリップオン・・・

という声は聞かないことにします。

 

f:id:ZAQU:20170611060424j:plain

色々と悩んだ結果選んだのは、王道のアクラポヴィッチ(AKRAPOVIC)のGPタイプサイレンサーです。

このモデルは、公道走行不可モデルと公道走行可能な政府公認モデルの二種類が発売されています。

おやじライダーの末席を汚すものとしては社会性を保ち、もちろん私は政府公認モデルを選択。

お上に逆らって徳はありません。

40年近く生きると、国家権力の恐ろしさを知っているのです。

 

f:id:ZAQU:20170611060441j:plain

開封の儀・・・

スリップオンタイプなので、付属品も多くありません。

サイレンサー本体の他には、取り付けボルト、ワッシャー、ボルトの固着防止剤、取説ぐらいです。

 

f:id:ZAQU:20170611060501j:plain

この何とも言えない有機的なフォルムと光沢にしびれます。

ただ、ロゴがステッカーなのが残念。

ロゴはプレートであって欲しかったですね。

作業自体はスリップオンタイプなのでサイレンサーを交換するだけです。

 

f:id:ZAQU:20170611060641j:plain

 ただ、このエキパイとサイレンサーの取り付け部のボルトが、トルクスネジというもので、私の手持ちの工具には適合するレンチがありません・・・

 

f:id:ZAQU:20170611061243j:plain

で、トルクスレンチを買う羽目に。

このレンチ、今後使うことがあるのだろうか。

 

f:id:ZAQU:20170611061506j:plain

なにはともあれ、取り付け完了。

マフラー交換の目的は音質で、見た目の効果はあまり考えていませんでしたが、見た目の相性もグッドです。

前のサイレンサーBEAMS R-EVOに比べて、コンパクトかつスポーティーになったおかげで、MT-25のマッチョ感がより強まりました。

 

f:id:ZAQU:20170611061958j:plain

この排気口内部、たまりません。

まるでタービンのような美しさ。

見た目は100点満点ですが、肝心の音はいかほどか。

詳細は次回、動画でお伝えします。